住宅模型

不動産売却に必要な重要書類を準備|物件の探し方や費用

問題のある物件情報

赤い屋根の家

過去に住んでいた住人がトラブルを起こした物件を事故物件と呼び、多くの人はあまり住みたいとは考えないでしょう。東京は不動産の数も多く、事故物件も数多く存在するので安すぎる物件を借りる際は注意が必要です。

もっと読む

余裕を持って書類準備

電卓と模型

定年退職や老後の人生を送るにあたって不動産売却を行う人は多いともいえます。家電や家具の売買とは異なり、不動産の売買には複数の書類が必要となるので、余裕を持った準備期間を設けることが大事だといえるでしょう。不動産会社を通して売買の仲介をしてもらうケースがほとんどですが、せっかく買い手が見つかっても書類が揃っていなければスムーズに手続きをすることが難しいです。まず必要な書類としては売主本人を確認するためのものがあり、身分証明書や実印、印鑑証明書や住民票などがこれに該当します。書類によっては発行までに時間がかかるので前もって準備を進めておきましょう。住民票と印鑑証明書については発行から3ヶ月以内のものが必要です。
登記済権利書という法務局から登記名義人に対して公布される書類も必要となっており、所有者の証を証明するとても重要な書類です。平性17年以降に購入した物件であれば、登記済権利書ではなく登記識別情報というものが発刊される場合もあります。所有している物件がどちらに該当しているか事前に確認をしておきましょう。これに加えて、固定資産税をきちんと収めていることを証明する固定資産税納税通知書も必要になってきます。固定資産税は1年単位で支払うものなので、1年の途中で不動産売却を行なった場合は、一部が売主に変換されるのです。トラブルを避ける書類としては土地測量図や境界確認書という売却対処と対象面積を明記した書類を隣接して土地の住人と協議する必要があります。

中古不動産の多数ある利点

マンション

杉並区は住宅街となっており、様々な場所に近い地域なので住みたいと考えている人が多くいます。新築マンションが高いと感じる人は、中古マンションを活用して杉並区への移住を進めるのも良いでしょう。

もっと読む

仲介料の発生しない業者

電卓を持った人

不動産を借りた場合に仲介手数料というのは多くの物件で発生する費用ですが、最近は顧客獲得のためにこの料金を無料にする業作が増えてきました。仲介手数料無料を行う業者はインターネットベンチャーが多いのでweb上で調べてみましょう。

もっと読む